商品コード:9784861012020

わが子からはじまる クレヨンハウス・ブックレット3『「原発をつくった」から言えること』

技術者としての悔恨のことばとともに、原発の設計そのものの危うさを暴きます。
550円(税込)
500円(税抜)
著者名
後藤政志/著
出版社名
クレヨンハウス
外寸
218×156×6 mm
ページ数
64
シリーズ名
わが子からはじまる クレヨンハウス・ブックレット
発売日
2011/11/01

3.11の震災後、福島原発で何が起こったのか? そもそも原発の仕組ってどんなもの? 原発の格納容器設計に携わった著者が技術者の目から、原発の真実をわかりやすく解説しています。
また、本来あるべき技術者としてのあり方についても説いており、これからの未来をつくる学生、とくに技術者を目指している方にもお勧めです。



【目次】
はじめに
第1章  いま、わたしたちが「食の安全」のためにできること
第2章  放射能の人体への影響
第3章  放射能を除去する食品の調理・加工の仕方
第4章  3・11後の食生活~放射能の摂り込みを防ぐために大切なこと~
     ・カリウムの多い食品を見直す
     ・「マゴワヤサシイ」で高ミネラル食を
     ・放射能に汚染されやすい野菜
第5章  現状を乗り越え、子どもたちにきちんとした世界を残していくために
     Q&A

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

■全国学校図書館協議会選定図書

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない