ロングセラー・ベストセラーの絵本

ねえ、知ってる?
パパもママも、おじいちゃんもおばあちゃんも、むかしは子どもだったんだよ。
そして、こんな絵本を読んでたんだよ。
つないでいきたいロングロングセラー絵本

人気のロングセラー絵本[週間アクセスランキング]

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:489
  • 愛ってなあに?

    ひとりの少年と、いっぽんの木。
    与え続けることが愛? 与えられたものを受け取り続けることが愛?
    うーん、愛って欲しいけど、厄介なやつでもあるんだね。

    世界で読み継がれているロングセラーが、村上春樹さんの訳であらたに生まれ変わりました。
    少年は木にのぼり、りんごをとり、葉っぱを集め、そうして、木と友だちでした。
    ときは流れ、やがて少年は青年になり老人になり……。ふたりの関係にも変化が訪れます。
    原文の「She=彼女」を活かしたその訳文は、前版のほんだきんいちろうさんの訳を読んだことのあるひとにもまた、新鮮に感じられそう。 原題『Giving Tree』の「与える」の意味を考えさせられます。
    木と少年との物語と絵は、シンプルでありながら、読むたびに、そのときどきの読後感を残します。
    年齢を越えて、おすすめしたい絵本です。

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 「うんとこしょ、どっこいしょ」と、つい力が入ります

    とてつもなく大きく育ったかぶは、そう簡単にはぬけません!
    おじいさんはおばあさんを、おばあさんは孫を、孫は犬を呼んできて……。
    「うんとこしょ どっこいしょ」
    さあ、一緒にみんなで声を合わせて読んでみよう!
    時代が変わっても読み継いでいきたいロングロングセラー。 シンプルな物語の中に、大らかさ、力強さ、ユーモアに満ちあふれています。 あなたも声にして「うんとこしょ どっこいしょ」

    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 誰だって、うんちをします。

    ずらりと並んで、動物たちがみんな、うんち。
    あなたは今朝、いいうんちが出ましたか?
    まだなら、トイレにどうぞ。頑張るのだぞ! (K.O)


    |1977年「かがくのとも」版刊行|1981年初版刊行|

    「いきものは たべるから みんな うんちをするんだね」
    とっても大事な真実を、とってもやさしいことばで、リズミカルに伝えてくれます。「もいっかい!」何度もくり返し読んで、暗記してしまう子どもたちも多いのだとか。

    子どもたちは、うんちが大好き!
    うんちやおしっこの話に、汚いとか行儀がわるいとか、顔をしかめるおとなもいるようです。でも、子どもたちは、うんちやおしっこが大好き! 絵本を見る目の輝きをみれば、わかりますね。

    世界中で愛されている、うんちの絵本です
    英語を話すひとも、スペインでも、韓国でも、世界中のひとが『みんなうんち』を愛しています(英語、スペイン語、韓国語などに翻訳出版)。みんな、同じいきもの、ですものね。いきものはみんな、うんちをするんだー!

    「おおきいぞうは おおきいうんち ちいさいねずみは ちいさいうんち/さかなも うんち とりも うんち むしも うんち/いろんなどうぶつ いろんなうんち」うんちって、なんでしょう? 五味太郎さんが、シンプルに、ストレートに、ユーモアをまじえながら、うんちを科学。抜群のセンスです!
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ぶたのなる木!?

    今日こそ食べたい、ぶたの丸焼き。
    走るのがおそいオオカミの挑戦はつづく……
    (子どもの本売り場スタッフT.K)

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • おとぼけ、ちゃっかり、こわいものなしの11ぴきです

    おとぼけ、ちゃっかり、こわいものなし、好奇心旺盛で自由奔放……、11ぴきに出会ったら、なんだか元気がわいてくる。 人生(猫生?)でいちばん大事なのは、ユーモアと笑い、ですね。

    11ぴきののらねこたちは、いつもおなかがぺっこぺこ。おなかいっぱい食べたいと、怪物みたいに大きな魚が出るという湖にやってきました。いかだをつくり、奇策(!)で怪魚を釣り上げます。漫画家でもある馬場のぼるさんは、とぼけた主人公をつくる名人。「11ぴき」に再会したかったら、シリーズ5冊を。

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 冬のファンタジー

    おじいさんが落としたてぶくろが、だれかのすみかになるなんて! わたしが落とした てぶくろも、もしかしたら……なんてたのしい空想をしてしまいます。

    雪の上に落ちていた手袋に、ネズミが入りこみました。
    そこへ、カエルやウサギ、キツネと次々やってきて……てぶくろははじけそう……。
    個性ある動物の表情が、特にすばらしい傑作です。

    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • てんぷらをあげるにおいにさそわれて、おばけは……


    うさこは食べることが大好き。きょうは、野菜のてんぷらを揚げています。
    おいしそうなにおいに誘われて、鍵穴からおばけがしのびこんできました。
    ちゃっかり、てんぷらをつまみぐいしていたおばけは、油にすべって、ころものなかにぼちゃーん!
    おばけ、どうなっちゃうの!?

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • おとうさんもおかあさんもともだちだったバーバパパ
    やさしくって力持ち、どうぶつや子どもたちが大好きで、いろんなかたちに変身できるバーバパパ。 おうちに住むには大きすぎました。居場所をさがして、いろいろ努力しますが… こんなともだちが庭にやってきたらいいなぁ。
    おとうさんもおかあさんもともだちだったバーバパパシリーズ。
    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 何度も「読んで!」の名作

    美しい北欧の自然、山の空気、谷川の流れを背景に、トロルとやぎたちの壮絶な闘いを描ききったマーシャ・ブラウン。 空と谷川のブルーが目にしみ、さまざまな音が聞こえてきます。


    おいしい草の生えている場所へ行くには、恐ろしいトロルのいる谷川の橋を渡らなければなりません。 けれども3びきのやぎは勇敢で、知恵をはたらかせてトロルに挑み、こっぱみじんに……。 チョキン、パチン、ストン(おはなしは おしまい)。迫力満点、ダイナミックなノルウェーの昔話。

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • うさこはおとした めがねを 夜の森に さがしにいきます
    山でめがねをおとしてしまったうさこは、さっそくさがしにでかけました。でも、森のおくには、たいくつで困っているおばけが・・・。
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 雪の上に大きな足あと……いったいだれの?

    ぐりとぐらが、森で見つけた大きな足跡。
    足跡をたどって辿り着いた先は……、なんと、ふたりのおうち!
    ぐりとぐらのうちに、一体、誰がやって来ているのでしょう?

    あの大きな足跡のぬしは?
    少し時間がとれたら、ぐりとぐらのシリーズを、ぜーんぶ読みたくなりますよね。
    「はじめまして」のひとも、「お久しぶり」のひとも。(S.I)

    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 読み継ぎたい、ほんとうにあったはなし

    戦争中、上野動物園で三頭のゾウが殺されました。
    ワンリー、トンキー、ジョン。飢えた象が必死に芸をして餌を求める姿に涙するひとはいる。が、21世紀のいまも、ニュースに一瞬写る紛争地帯の飢えた子どもの姿には?  戦争のときにあった、ほんとうのはなしであり、他の動物園でもあったという話を聞く。戦争にかり出された馬や犬の話しもまた。そして、これらは、「遠い昔の不幸な話」ではないのだと痛恨させられる。
    平和への願いをこめて、読み継ぎたい名作。


    おとなにもおすすめ! 2019/8/11放送|NHKラジオ「落合恵子の絵本の時間」で紹介されました。
    >これまで「落合恵子の絵本の時間」で紹介した絵本リストはこちら

    1,210円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ムシ歯のこわさを、おもしろく説く

    「わがはいの なは むしばミュータンス。
    きものや ふくを しまっておく タンスなんかとは ちがう。」
    むしばミュータンスが、 虫歯になる仕組みや、虫歯になるとどうして困るのかをユーモアを交えながら、わかりやすく教えてくれる。
    からだのしくみの基本をわかりやすく描いた 全10巻のロングセラー科学絵本シリーズ。
    そのなかでもとりわけ人気のある一冊です。虫歯のこわさをおもしろく、興味深く説いてくれます。

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 有名なグリム童話を美しい絵で。

    年をとって働けなくなったろばは、犬、ねこ、にわとりと、音楽隊に雇ってもらおうとブレーメンの町へ。 途中、泥棒の隠れ家を見つけた4匹は、知恵を絞って泥棒たちを追い払い、ごちそうと家を手に入れたんです!
    ゆかいなグリムの昔話絵本です。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 迷い込んだ家で、ゆったりくつろいでいると…

    森で道に迷った女の子。ふと見つけたのは、扉の開いたちいさな家。
    中には誰もいないみたい。テーブルの上には、スープの入った大中小のお皿が3つ。
    女の子はちいさなお皿のスープを飲み干すと、ちいさなベッドでひと休み。
    そこへ帰宅したのは……。女の子はどうなる?
    いろいろな絵の本が出版されてるおなじみの昔話です。
    こちらはバスネツォフの深みのある美しい絵による一冊。

    1,210円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 山から海まで、川の一生をたどります

    山に降った雨や雪が小さな流れをつくり、その長れは滝となり、谷川となります。 下流にいくにつれて、川幅も広くなり、やがて広くて深い海へ流れていきます。
    水とひと、自然との深いかかわりを、壮大に描いた、加古里子さんの代表作のひとつ。
    高い山の雪どけ水や山に降った雨から生まれた小さな流れは、谷川となって山を下り、ダムに貯められて発電所で電気を起こしたり、岩を砕いて小さな石ころにしたりしながら、平野に出て、田んぼを潤し、水遊びや魚釣りの場となり、いつしか大きな川になって、最後に海へとそそぎます。川をめぐる自然と人間の営みを横長の画面いっぱいに細部まで描き込んだ絵本です。

    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ともだちは、おばけたち
    子どもの本売り場スタッフより

    でたらめな歌は奇妙な世界へのパスポート

    一緒にあそぶ友だちが見つからなかったかんたは、 神社の境内でめちゃくちゃな歌をうたったとたん、穴の中に吸い込まれます。 穴のなかで3人組のふしぎなおばけと出会い、 めいっぱいみんなであそびますが……おとなになって忘れてしまった こんな不思議な体験、子どもの頃にありませんでしたか?

    T.K
    あそぶ友だちがみつからないかんたは、お宮でへんてこなおばけたちと出会ってゆかいにあそびますが……。
    躍動することばと絵が、子どもたちを存分にたのしませてくれるファンタジーの絵本。
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • つながりつづけてゆく

    46億年前に地球が生まれたときから、わたしたちが暮らす現代までつづくいのちの鎖。舞台の一幕一幕のように各時代が紹介されていて、まるでタイムマシンでその時代をのぞいているような、悠久の時を感じられる一冊です。 (子どもの本売り場 T.K)

    品切れ中
    1,870円(税込)
  • 長く愛されるグリム童話

    有名なグリム昔話絵本の名作です。 作者は巧みな構図と達者な描写、深みのある色で質の高い感動的な絵本に仕上げました。 ドイツ児童書優秀賞受賞作品。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • おとなもビックリ! 地下鉄の真実
    子どもの本売り場スタッフより

    地下鉄のこと、どれくらい知っていますか?

    いつも当たり前のように利用している地下鉄。地面の下を、川の下を通る地下鉄。まずは土が崩れてこないように壁を作って……。たくさんの人や技術が集まって作らていることに、たくさんの人や技術が集まって作らていることに、改めて気づかされます!

    N.Y
    気分は専門家! 地下鉄工事の現場のことば、「開削工法」「防水工事」「シールド掘削機」など専門的なことばがたくさん出てきて、ちいさな子どもも、ちょっと背のびをしてたのしめます。せっせと工事をしているひとたちがいると思いきや、ビルの上で体操をしているひとがいるなど、加古里子さんらしいあそびごころも、見どころです。
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 「ブキャ! 」っと驚く、奇想天外ストーリー

    キャベツくんが歩いていると、道の向こうからお腹をすかせたブタヤマさんがやって来て、いきなり言った、
    「キャベツ、おまえをたべる! 」
    キャベツくん、少しも慌てる様子なく、「ぼくを食べると、こうなる」と上を指差します。
    空には、鼻がキャベツになったブタヤマさんが、ぷかりと浮かんでいます。
    「ブキャ! 」
    驚いたブタヤマさんはすってんころりん。
    1980年、第4回絵本にっぽん大賞受賞。
    子どももおとなも、唯一無二のその世界観にはまる読者が多い、長新太さんの代表作のひとつです。

    キャベツくんとブタヤマさんのシリーズは全5冊、それぞれに趣の異なるおもしろさがあります。ぜひ、全部味わってみて!

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • モンゴルの楽器、馬頭琴の美しくも悲しい物語

    半世紀以上にわたり読み継がれ、親しまれているモンゴルの民話絵本。 ひとと馬とのせつなくて美しいストーリーは、時代や国境を越えて愛され続けます。 お金にも殿さまの脅しにも屈せず、白い馬を守ろうとしたスーホ。命がけでスーホのもとに逃げ帰り、楽器となってスーホに寄り添う白い馬。ふたりの無垢な友情に、こころ打たれます。
    雄大モンゴルなの草原、空にかかる二重の虹、風のにおい、疾走する馬、そして、スーホの悲しみや馬頭琴の音色までも、圧倒的な美しさで赤羽末吉さんが描ききります。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • こころの中に一本の木を
    すくっと立つ一本のはるにれの木。冬の寒さに耐え、春を迎えるそのときに……。
    生命のみずみずしさ、力強さ、そして季節がめぐっても、そこにあり続けるということ……。
    一本のはるにれの木から、あなたへのメッセージ。
    ちなみにクレヨンハウスの地下アウトテリアにあるのは、アキニレだと、姉崎さんが教えてくれました。

    草原に一本だけ立った、はるにれの大木。朝の光をあびて青空にそびえ、暮れなずむ夕映えの空にシルエットが浮かびあがる……。冬の吹雪に耐え、雪原にたたずむ……。春が訪れ、葉を繁らせる……。
    一本のはるにれの、四季の姿、様々な時刻、様々な天候の中の姿を写した写真絵本。
    自然の驚異に目を瞠らせるとともに、ふしぎな安らぎをあたえてくれます。
    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • もっとも幸せな日のおはなし

    降り積もる雪の中。森の動物たちは
    みな眠っている。おや? ネズミもクマも
    カタツムリも、みんなくんくん。目を覚まして
    どっかを目指して走っていく。辿りついた先には……。
    (K.O)

    1,210円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

件数:489

最近チェックした商品履歴を残さない