英語の絵本|読み聞かせにおすすめ

英語の絵本を読み聞かせしている父と子ども

英語絵本で、世界への扉を開こう! 最近特に、クレヨンハウスにお問い合わせが増えている英語絵本。絵や言葉をとおし、海外の文化に触れる。そして、狭い意味での「お勉強」から解放されて、楽しみながら「英語が身につく本、ありませんか?」。そんなふうな思いで英語絵本を探しておられるかたが増えました。
あかちゃんや幼児期から楽しめる(楽しめる、ということが大事)英語絵本。国内ではまだ英語絵本がなかなか手に入らなかった時代から、英語絵本の楽しみ方をシェアしてきたクレヨンハウスだからこそ、おすすめしたい絵本をご紹介します。
大人のわたしたちも、この絵本たちを通して、「あっ、こういう言い回しがあったんだ」などと英語の勉強と向かい合っています。

オンラインストアに掲載しているタイトルは、ほんの一部です。東京・表参道、大阪・江坂の子どもの本売り場に立ち寄られて、お気に入りの1冊を是非探してください。

幼い時からの英語絵本

何よりも大事なのは、読んでくれるひととのふれあいです。それは日本語の絵本でも英語絵本でも同じです。安心してゆったり寛いだ雰囲気の中で、きれいな音楽を聴くように、英語絵本を楽しんでください。幼い子どもと保護者のための英語絵本です。

  • Sing-along Songs

    英語圏で人気の童謡や歌が13曲

    『Sing-along Songs(CDつき)』
    Holly Russel/作

  • Eric Carle’s ABC

    ABCと出会うきっかけに

    『Eric Carle's ABC』
    Eric Carle /作

幼い時からの英語絵本(ABC・色・ボードブック)

CD付き・音声付き&バイリンガル絵本

朗読CDつきの絵本で、英語がネイティブランゲージの人の発音に触れてみるのもおすすめです。好奇心いっぱいの子どもたちは、たのしみながら英語のリズムを身につけていきます。日本語と英語が併記されているバイリンガル絵本や、ガイド付きの絵本も便利です。

  • Frog and Toad Are Friends CD付

    仲良しのふたり、がまくんとかえるくんのゆかいなお話

    『Frog and Toad Are Friends CD付』
    Arnold Lobel/作

    *翻訳書『ふたりはともだち』
    三木卓/訳

  • はらぺこあおむし 対訳版

    あの名作を英語でも日本語でも!

    『英語でもよめるはらぺこあおむし』
    エリック・カール/作
    もりひさし/訳

    *翻訳書『はらぺこあおむし』
    もりひさし/訳

CD付き・音声付き&バイリンガル絵本

ロングセラー英語絵本

愛され続けているロングセラー絵本たちを、その絵本がうまれた国の言語で読もう! オリジナルに触れることで、絵本の味わいもいっそう深まります。英語絵本の原書ならではの文字のレイアウト、インクの色彩や紙の質感も楽しんで。

ロングセラーの英語絵本

世界の人気作家・人気シリーズ

おかあさん、おとうさんも子どもの頃に読んでいた! いえ、お祖母ちゃんお祖父ちゃんの時代から。ずっと読み継がれている絵本が、英語圏にもたくさんあります。翻訳された絵本と比べながら、楽しむこともできます。

コールデコット賞、ケイト・グリーナウェイ賞受賞作品

米国で1938年に創設された絵本賞「コールデコット賞」、英国で1956年に創設された「ケイト・グリーナウェイ賞」。米英の代表的かつ国際的な賞で、文学的にも、芸術的にも、高く評価された絵本たちです。

コールデコット賞、ケイト・グリーナウェイ賞受賞作品

ABC・英単語を日本語で学ぶ

「月」は「moon」、「玉ねぎ」は「onion」…。身の回りのものなどの英単語や会話表現を知ることは、コミュニケーションの第一歩。日本語をネイティブランゲージにしている子どもたちにとっては、日本語といっしょに英語に親しめる絵本や英和・和英辞典やリングカードなどが、心強い味方です。

  • わえい 和英えほん ひらがな

    小さなページを動かすと、日本語が英語に早がわり!

    『わえい 和英えほん ひらがな』
    とだこうしろう/作・絵
    アン・ヘリング/監修

  • はじめてのえいごでおしゃべりえほん

    英語の日常会話を、絵で見て楽しく覚えられます。 CD付き

    『はじめてのえいごでおしゃべりえほん』
    てづかあけみ/著
    外山節子/監修

ABC・英単語を日本語で学ぶ(辞典など)

日本の作家の英語絵本

いつも読んでいる、日本生まれのあの絵本。じつは英語でも出版され、世界で広く親しまれています。「英語だと、こんなふうに表現するんだ!」。お話を知っているから、言葉がちがってもストーリーを楽しむことができ、発見もあります。

  • The Goldfish Got Away

    あの『きんぎょがにげた』を英語で!

    『The Goldfish Got Away』
    五味太郎/作
    ロバート・キャンベル/訳

    *原書『きんぎょがにげた』

  • Pumpkin Soup

    雨の日曜日。ゆっくり読書を楽しむはずが・・・

    『Bam and Kero’s sunday』
    島田ゆか/作
    クリストファー・ベルトン/訳

    *原書『バムとケロのにちようび』

日本の作家の英語絵本をもっと見る

日本文化にふれる英語絵本

日本の文化について知りたい外国のひとは、案外多いもの。英語で説明できると、ぐっと親しくなれそう! 年中行事や折り紙などの日本の伝統的なあそびや昔話など、伝えられたらすてきです。

  • All About Japan

    日本の文化を英語でどう伝える?

    『All About Japan』
    ウィラマリー・ムーア/著
    ワイルズ一美/画

  • The Ultimate Books of Origami Animals

    折り紙作家が120もの動物の折り方を紹介

    『The Ultimate Books of Origami Animals』
    新宮文明/著

日本文化にふれる英語絵本(行事、折り紙、昔ばなしなど)

世界の文化にふれる英語絵本

視野が地球規模に広がると、世界観も広がります。「多様性」が大切な時代には、まず相手のことを知ることから。さまざまな文化や地球環境など、これからの国際社会で大切なテーマを考える絵本です。

  • Maps

    世界の情報満載! 特大地図絵本

    『Maps』
    Aleksandra Mizielinska、Daniel Mizielinski/作・絵

    *翻訳書『マップス』
    徳間書店児童書編集部/訳

  • PEOPLE

    ことばも習慣も多様な、世界中のいろいろな「ひと」に出会えます

    『PEOPLE』
    Spier, Peter (Author)

    *翻訳書『せかいのひとびと』
    松川真弓/訳

世界の文化にふれる英語絵本

クレヨンハウスから出版されている翻訳絵本の原書

クレヨンハウスで翻訳出版している絵本は、海外のブックフェアなどで発掘してきた選りすぐり。翻訳された作品もおもしろいけれど、オリジナルの英語絵本と読み比べることで、原書の魅力にもふれてみて。

  • I Want My Hat Back

    クマの帽子を持ちさったのは、だれ?

    『I Want My Hat Back』
    Jon Klassen/作

    *翻訳書『どこいったん』
    長谷川義史/訳

  • The Boy and the Gorilla

    子どもの深い悲しみに、そっと寄り添う絵本

    『The Boy and the Gorilla』
    Jackie Azua Kramer/作
    Cindy Derby/絵

    *翻訳書『悲しみのゴリラ』
    落合恵子/訳

クレヨンハウス出版の英語絵本の原書

英語絵本をレベル別に

クレヨンハウスのブッククラブ「絵本の本棚」の英語コースは、英語のレベルにあわせて3種類のコースからお選びいただけます。ここではそのラインナップを紹介いたします。

●初級レベル(ブッククラブ P1コース):1ページに1~3行程度の、短い英文の絵本を中心にお届けします。ぜひ、声に出して英語のリズムをたのしんでください。絵本の中では、文字もまるで絵の一部。自然にスムーズに英語と親しめるコースです。

●中級レベル(ブッククラブ P2コース):やさしく読みやすい文章量の絵本を中心にお届けします。英語ならではの表現や、お話の展開の面白さが味わえます。たのしみながら英語の魅力に触れられるコースです。

●上級レベル(ブッククラブ P3コース):物語性の高い絵本を中心にお届けするコースです。美しい絵が牽引力になって、文章量の多い英文も読みやすいことに驚きます。「英語にもう一度触れたい」とお思いの大人にもおすすめです。じっくり味わいのあるコースです。

  • テキスト
  • テキスト
  • テキスト
並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:534
  • 小さなページを動かすと…日本語が英語に、はやがわり!

    楽しいアイデアとかわいいデザインで、幼児から、英語と楽しく出会うための1冊。
    あざやかな色、スッキリとした縦長のフォルムも、とってもおしゃれ。
    子どもたちになじみのあるイラストが、日本語の50音順に並んでいます。
    ねこのイラストの横には、「ねこ」と「cat(キャット)」の2つのことば。
    ページとページの間に小さなページがあって、めくると、日本語が英語に、はやがわり!
    小さなページを動かしながら、日本語と英語、交互に2つのことばを見比べることができます。
    「おもしろい!」「ステキ!」と感じることが、興味を持つきっかけに。

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 動物や身近な言葉を集めた、リングカードの英語版

    リングに通されたカードの表面に絵が、裏面に名前が書かれています。
    子どもの大好きな動物や身近なことばを集めた「ABC」。 ひらがな名と英語名と読みのカタカナを記載。カードは47枚入りです。シンプルで可愛いイラストをめくりながら、声に出して英語を読んでみたり、リングから外してカルタのように遊んだり。自由に英語の世界を楽しんでください。明快なシンプルさ、とだこうしろうさんの美しいイラストが魅力です。
    曲線にカットした厚紙でできているので、めくることをあそびとしてたのしむ頃から、文字に興味をもちはじめる頃まで、長く使えます。

    2,200円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • こどもが初めて持つ、読んで楽しい辞典です

    戸田デザイン研究室ならではの、美しいデザインと楽しくわかりやすい内容の、辞典絵本・和英版。
    スッキリとした縦長のフォルムと、カバーを外した時のクラシックなデザインも素敵です。
    収録単語数は1350語以上。そのすべてに、イラストと例文が付いています。
    イラストは、シンプルなデザインとあざやかな配色の印象的。
    例文も簡単なもの、日常会話に役立つもの、ちょっぴり詩的なもの、ユーモアあふれるものと多彩。

    2,750円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 英語がすきなるたのしさがいっぱい!

    縦長・スッキリのフォルムもオシャレ。カバーを外すと、古い辞典のようなクラシックな雰囲気。
    デザインの美しさにこだわる戸田デザイン研究室の絵本から生まれた、美しい辞典です。
    英語とはじめて出会う・学ぶときにも、美しさや楽しさも大事だからこそのクオリティーです。
    もちろん内容も充実しています。中学生でも充分な最重要単語をすべて含む、1200語以上を収録。
    単語すべてに、シンプルであざやかな絵と、ユニークな例文も付いています。
    発音記号にはカタカナも併記されていて、だれでもネイティブに近い発音を口にすることができます。

    2,640円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ステキなイラストで英語の楽しさに触れるカード
    2,200円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • クマの団長率いるサーカス団“アニマルアルファベットサーカス”がやってきた。
    品切れ中
    1,540円(税込)
  • 2,090円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 楽しみながら、ABCや英語と出会うファーストブックに

    「アルファベットってキレイ!」
    「英語って、なんだかおもしろい!」
    はじめて英語と出会う子どものために、わかりやすく、楽しく、美しく、デザインされています。
    アルファベットの大文字・小文字・ブロック体・筆記体を美しくレイアウト。発音は、カタカナで表記。
    文字の色、イラストの色、背景色にイラストの枠の色まで、トータルにデザインされた美しいABCブック。

    巻末には、ABC順にたくさんの単語とイラストをまとめて掲載。
    楽しみながら、ABCや英語の世界に踏み出すファーストブックとして、ぴったりの1冊です。

    1,870円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 日常のシーンの英会話を、この1冊で!

    Hello. How are you? (直訳:こんにちは。お元気ですか?)
    I'm fine, thank you. And you? (直訳:ええ、げんきです。あなたはどうですか?)
    上のように英語の授業で習ってきたフレーズは、英語圏のネイティブは、日常会話であまり使わない言い回しです。

    Hi! What’s up? (やあ! げんき?)
    I'm good. (げんきだよ。) ※英語表現と訳文は本文から。
    こちらの方が、断然ネイティブのカジュアルな会話で使われています!

    『はじめてのえいごでおしゃべりえほん』で紹介されているのは、いますぐ会話がはずむリアルな英語。
    朝から夜まで1日のなかで使う表現や、街中で使う表現、気持ちを表すには……など、日常で出合うリアルな表現が紹介されています。
    CD付きなので、発音を確認できるのも、うれしいポイント。
    今日から英語でおしゃべりしたくなります!

    2,200円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 外国人の友達といっしょにおりがみを折ってみよう!
    3,850円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 大好きなねこのピートと、いつも一緒!

    『Pete the Cat: I Love My White Shoes 』(翻訳版:『ねこのピート だいすきなしろいくつ』)や『Pete the Cat and His Four Groovy Buttons 』(翻訳版:『ねこのピート だいすきなよっつのボタン』)などで、大人気のキャラクター「ねこのピート」がいつでも持ち運べるサイズのホルダー付きぬいぐるみに!

    約12cmの手のひらに収まるサイズなので、ポケットに入れて持ち運んだり、鞄やリュックにアクセサリーとしてつけたり……。大好きなピートといつでも一緒にお出かけできます!
    絵本「ねこのピート」シリーズファンのちいさなお子さんに、絵本とあわせてプレゼントしてもいいですね!

    1,188円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 茂みから近寄る影にハラハラドキドキ

    農場に住むニワトリのハティは、ある朝、茂みに怪しい動物を見つけた。それは鼻と目、耳、前脚、胴体……と、徐々に姿をあらわし近づいてくる。そのことを農場の仲間に知らせるが、動物たちは「おやまあ」「それが何か?」とのんびりかまえて、まったく取り合わない。ハティが何度目かの警告を発した頃に、ついに全身をあらわしたのは、キツネ! 素早くハティは木に飛び乗ったが、アヒルもブタもヒツジもウマも上を下への大騒ぎ。そこでウシが……。


    文/大島英美(リードアラウド研究会主宰)
    ブッククラブP1コース★英語入門程度~
    SALE 2673(税込)
    1,818円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 気まぐれな風にてんてこまい

    丘から一陣の風が吹いて来た。風はホワイトさんの傘を飛ばし、少女の風船をさらっただけでは満足せず、さらにひとびとの帽子や凧、洗濯物や鼻をかみかけのハンカチも、裁判官のかつらもと、次々と巻き上げた。それらを追うひとびとの数もどんどんふくらんだ。田園から街へ入っても風は治まらず、さらにいろいろ巻き上げ、しまいにはそれらをまぜこぜにしたと思ったら、海の手前ですべてをどさり。地 面に落としたあとは、風はそのまま海原へと吹き抜けて行った。


    文/大島英美(リードアラウド研究会主宰)
    ブッククラブP1コース★英語入門程度~
    2,970円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 魔女のかぼちゃは大きすぎて、びくとも動きません
    *『おおきなかぼちゃ』の原著。

    いよいよ明日はハロウィンです。
    パイを作るため魔女が丹精込めて育てた畑のかぼちゃも、抱えられないほど大きくなりました。
    いざ収穫と、力を込めるのですが、魔女の力では、うんともすんともいいません。
    そこへ、オバケや吸血鬼、ミイラ男もやってきて、それぞれが順番にかぼちゃを引っこ抜こうと……。
    作者が子どものころに大好きだったという『おおきなかぶ』に着想を得た、ハロウィンにぴったりのユーモアあふれる作品です。

    品切れ中
    2,822円(税込)
  • まるで連想ゲーム

    「風が吹けば桶屋が儲かる」ではないが、主人公の少年がネズミにクッキーをやると……。ネズミはミルクをほしがり、ミルクを飲むのにストローを、そのあと口をふくナプキンをくれという。口のまわりがミルクで白いヒゲ状になっていないか鏡で確認していると、髪が伸びすぎなのに気づき、切りたいからとハサミを所望する。散髪して汚れた床をはくが、しまいには家中の掃除をはじめ、なんやかんやとしていくうちに、また喉が乾いてミルクをほしがるネズミ。さあ、今度は何を?


    文/大島英美(リードアラウド研究会主宰)
    ブッククラブP2 コース★中学2年程度~
    2,673円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ほわほわのファーにほっこりするケース入りの洋書絵本

    ほわほわの毛皮につつまれて、ひっそりと森の木のほこらで暮らしているほわほわかぞく。
    トーストのようにあたたかで、どんな毛皮のコートよりもちいさいという不思議な存在です。

    こちらのハードカバー版は、茶色いファーでつつまれた装丁で、読んでいると絵本の中のほわほわくんを、ふんわりと手のひらに乗せているような感覚に。
    本をケースの中にしまっておけば、ほわほわくんのお腹からあたたかなファーがのぞきます。

    品切れ中
    2,673円(税込)
  • ノリノリで、かけあいをたのしもう!
    *『ねこのピート だいすきなしろいくつ』の原著。

    おなじみ、ノリノリのネコのピートのお出ましです。
    青いからだに大きな目をしたねこのピートは、新しいまっ白なくつでおでかけ。
    うれしくて「しろいくつ かなりさいこう!」。ごきげんで歌いながら歩いていました。
    ところが、いちごの山にのぼったところ、くつがまっ赤!
    でも、ピートはめげずに「あかいくつ かなりさいこう!」。
    その後のハプニングも、なんのその。とにかく前向きなピートは、かなりさいこう!
    「何があっても、歌を歌って前にすすむ。そう、それが大事なのさ」
    前向きな生き方が魅力的な、ねこのピートの絵本シリーズです。

    品切れ中
    2,673円(税込)
  • 前向きなネコの魅力満載な絵本
    *『ねこのピート はじめてのがっこう』の原著。

    2,673円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 遊びたくて眠りたくないピートたち。カラフルなイラストと軽快なリズムで楽しく、ポジティブな夢を見させてくれる絵本。
    *『ねこのピート だいすきなおやすみえほん』の原著。
    2,673円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • トラに憧れて

    大きいうえ、素早く、隠れるのもうまいトラに憧れているキツネがいた。キツネはトラに扮してみることに。それを見たカメも、憧れているレースカーに扮してみる。今度はそれを見たウサギが、憧れのロボットに扮した。そのつもりになった3人に雨が降り注ぎ、扮装が洗われもとの姿に。がっかりしていると、キツネに憧れているリスが現れ、憧れのキツネを見て大興奮。そこで、キツネをはじめみんなは、はっとあることに気づくのだった……。 


    文/大島英美(リードアラウド研究会主宰)
    ブッククラブP1コース★英語入門程度~
    2,525円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 水たまりが見た世界

    校庭の水たまりのひとりごと。こんなに雨が降り続いたら、しまいに池になってしまうよ。カモメが魚のにおいをさせてバシャーンと飛び込んできた。おっとボールも。お次は運動靴、底に穴があいて指がのぞいている。排水溝があったら気持ちいいだろうなあ。バシャッと入ってきた四つ足は、プードル……おいおい、そこで用足しはないだろ。急に雨が上がり、水たまりのきょうだいたちは乾いて消えていった。放課後になってやって来た子どもたちが映る。背景には、なんて綺麗な虹なんだ。


    文/大島英美(リードアラウド研究会主宰)
    ブッククラブP2 コース★中学2年程度~
    2,673円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • カボチャがくれたちいさな希望

    ひとり暮らしの農夫エバンの毎日は、イヌといつでも一心同体で喜びに満ちていた。一緒に育てる作物は、大きく美しく育った。しかしある日、イヌは逝ってしまい、生活はまったくちがうものになってしまった。友をなくし、庭もとげとげしくなった。隣りから伸びてきたカボチャは、茎のとげが気に入り育てることにした。収穫祭の季節がきた。農夫の血が騒ぎエバンは祭にでかけ、大きく育ったカボチャを品評会に出品した。入賞したエバンが、賞品として持ち帰ったものは……。


    文/大島英美(リードアラウド研究会主宰)
    ブッククラブP2 コース★中学2年程度~
    2,673円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 西を目ざして走れ、走れ

    ちいさな列車が2台、西部に向かって出発した。1台は流線型、もう1台は旧式蒸気機関車。西の果てまで続く鋼鉄の線路を行く。丘を越えトンネルを抜け、シュッシュ、ポッポ。西に向かう川を渡る。雨に降られても、稲光にさらされても進む。雪で行く手も、列車も白くなっても行く。強い枕木と鋼鉄の線路、それが続く先に僕たちの家がある。風に渦巻く砂塵を抜け、続く平原の先に峠が見える。峠を周回したり越したりした先は海。……2台列車の旅が終わる。


    文/大島英美(リードアラウド研究会主宰)
    ブッククラブP1コース★英語入門程度~
    2,673円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 大きいのは誰?

    恐竜のあそび場に、倒木と岩でシーソーができていた。ディメトロドンが乗ってあそぼうと相手を待っていると、ミンミーが。乗ったはいいが、傾きから自分の方が大きいと威張った。すると、テリジノサウルスが乗ってきて……、次々自分がもっと大きいという自慢の場になってしまった。ティラノサウルスが大きさで負けたとき、恐ろしさで勝とうと毒づいたところ、大声が轟いて怒ったママが登場! 仲良くあそびなさいと叱られて、みんなで倒木と岩でどんな遊具をつくろうか……。


    文/大島英美(リードアラウド研究会主宰)
    ブッククラブP1コース★英語入門程度~
    2,673円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

件数:534

最近チェックした商品履歴を残さない