こころの本

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:56

  • Woman's EYE|女性の視点から選んだOther Voicesに出会う本◆本のつくり手による新刊紹介◆
    本書は、日々繰り返されるイライラについて悩んだとき、あるいは、怒りが積もり積もって爆発しそうなとき、はたまた「怒りたいのに、怒れない」というジレンマを抱えてしまったときに開きたい「怒り」のバイブルです。「怒りの根底にある『わかってほしい』という思いに気づく」「『上から下』へ怒るときには、『一貫性』をもたせる」など、怒りの本質を理解し、日本人に合った「怒りの生かし方」を伝授した一冊です。
    (朝日新聞出版 大田原恵美)
    品切れ中
    1,320円(税込)
  • うつ病の原因から治療法まで丸ごとわかる決定版
    薬の効かないうつ病が増えています。またうつ的な気分=うつ病と簡単に診断されてしまうケースもあります。ところが、うつ病と診断が出てもじつは別の病気の可能性もあるのです。最近の精神科の臨床現場でも混乱しているようです。「あなたは本当にうつ病なのか?」 本書はうつ病の権威、野村総一郎先生の監修のもと、発病の原因や受診の際のポイントから具体的な治療法、経過までを図解でわかりやすく構成した画期的な入門書です。 (講談社 三木信子)
    品切れ中
    1,320円(税込)

  • 「鬱の力」で人生を3倍豊かに! 「総プチうつ」状態の全日本人必読の書。「ポジティブ・シンキングを止めると人生が好転する」「最大限がんばるのではなく最小限やるべきことを見極める」「仕事への批判は自分への批判ではない」など、格差社会で人生を豊かに送るためのアドバイスが満載。著者は日本航空に勤務する産業医。世界の空をまたにかけて活躍するフライトアテンダントたちの意外な悩みも紹介されており、違った興味も湧く内容。  (講談社 間渕隆)
    品切れ中
    922円(税込)
  • 年の取り方がわからない! ――どこもかしこも若さ志向、加齢の手本となるべき年長者も見つからない社会で、我々はどのように年を重ねていくべきか。
    どこもかしこも若さ志向で、アンチエイジング熱は加熱する一方の日本。年長世代も若作りなので、加齢のお手本となるべき存在も見当たらず、どんどん「年の取り方がわからない」ひとびとが増えています。タイトルにもある「若作りうつ」はテレビで取り上げられ、ネットでも話題になりましたが、それは本書の掴みとしての話題にすぎず、「なぜ年の取り方がわからない社会になったのか、そして我々はどう年を取るべきか」がテーマの新書です。 (講談社 井本麻紀)
    品切れ中
    835円(税込)

  • 厚生労働省から、この10年でウツ病患者数が2.4倍にのぼるというデータが発表されるなど、いまや国民病になってしまった感のあるウツ病。しかし本当にウツ病は増えているのでしょうか? 臨床心理士である著者は近年、現場で抑ウツ感があるものの投薬がまったく効かない患者が増えたことに注目。本書では、これら一群の人々を“ウツもどき”と定義づけ、従来のウツとどこが違うのかを臨床例をまじえて解説し、その予防策を提案しています。 (集英社 伊藤直樹)
    品切れ中
    748円(税込)
  • 死は別れではなく始まり―4000人以上を見送った納棺師が思わず涙した家族の物語。
    1,485円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました


  • 「自分が生きている意味がわからないのです。なぜ生きなければならないのでしょうか」。生きる苦しみを抱え漂流する個人は、自らを滅ぼすか、突然暴発することも。日本では年間3万人以上の人が自ら死を選んでいると言われています。現代日本の「生きにくさ」とは何なのでしょう? 気鋭の精神科医が豊富な臨床例をもとに、小説や映画などの記述を交えて検証します。漠然とした不安感や、日本の「空気」へ違和感を持つあなたに。 (中央公論新社 谷口法子)
    品切れ中
    902円(税込)

  • うつ病の夫にイライラする、電車のなかで急に息苦しくなる、職場で上司にいじめられているうちに抑うつ状態になった……等々、「うつ」はいまや大変身近かでメジャーな病気。でも周囲からは単なる「こころの風邪」程度に誤解されることも多く、なかなか相談しにくいものです。本書では、認知療法の第一人者である筆者がQ&A形式で様々な心身の悩みに親身なアドバイスを贈ります。日々のストレスにどう対処するか、気持ちの持ち方の「型」が身につく画期的な本です。 (文藝春秋 山本浩貴)
    品切れ中
    1,466円(税込)

  • 「弱さ」を中心に据えた町やコミュニティをフィールドワークし、新しい共同体のあり方と思想としての「弱さ」を考察する。
    品切れ中
    1,760円(税込)

  • あまり知れられていないが、高齢者の自殺率は中高年の次に高い水準である。そして、その多くはうつ病によるものと推察される。引越しや配偶者との死別、先行き不安、病気などが契機となって発症するが、高齢者の場合、認知症と誤診されて放置されてしまうケースも多い。しかも、余生が短いので治そうとする気力に欠け、予後が悪い。この本は、そうした事例をたくさん紹介して、高齢者の不幸や悲劇を少しでも減らすために刊行された。 (大月書店 松原忍)
    品切れ中
    1,650円(税込)

  • 著者は元「日経トレンディ」編集長で、現在、商品ジャーナリストとして活躍する北村森さん。凄腕編集長として活躍していた40歳の時、突然起こった「電車に乗れない……」に陥るパニック障害になり、結果、会社を退社。そして再生を目指して6歳の息子と二人旅に出る――。本書はパニック障害を受け止め、息子との旅を通して、自身と家族の再生を目指す、感動のノンフィクション。ハードワーカーたちに警告する1冊でもあります
    品切れ中
    1,650円(税込)
  • 日々報道される凄惨なストーカー事件。「なぜ彼らはストーカー加害者にならなければならなかったのか」……。実際に加害者たちを取材し、その心の奥深くに迫った渾身のノンフィクション!
    Woman's EYE|女性の視点から選んだOther Voicesに出会う本◆本のつくり手による新刊紹介◆
    毎日のように報道される凄惨なストーカー事件に誰もが抱く「なぜ彼らはストーカー加害者になってしま ったのか」という疑問を解く一助となる1冊。NNNドキュメントのディレクターとして加害者たちを取材した著者が描く彼らの姿はある意味で“普通”の人々。それが却って恐ろしさを覚える。また、若者たちの中で増え続ける「束縛するのが愛だ」という考え方がすでに“ストーカー予備軍”であるという一節が、この問題の根深さを語る。
    (河出書房新社 野田実希子)
    品切れ中
    1,540円(税込)
  • 遺族に寄り添う医師によるノンフィクション。
    人生最大のストレス、死別。最愛の人を失った悲しみ、苦しみを抱えて「遺族外来」を訪れた患者さんがやがて新しい世界に適応していく姿を描く。遺族に寄り添う医師によるノンフィクション。
    1,760円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 社会そのものが不眠症ともいえる現代において、すべての不眠症を抱えた読者に不眠を愛することの大切さを逆説的に説く!
    過剰労働などストレスフルな生活を送っているうちに、気がつけば入眠障害から一睡もできない難治性重症睡眠障害になっていた著者による、闘病体験記が本書。快眠術を試してみたり、薬 の処方で失敗して入院騒ぎを起こしたりというエピソードからはじまって、不眠症のメカニズム、眠れない時間の過ごし方、睡眠薬の話など医者には聞けないことにまで触れながら、眠りについて新たな答えを提示しています。 (河出書房新社 初鹿野剛)
    品切れ中
    1,650円(税込)
  • 「うつ」に苦しむ人には、家族がいちばんの味方だ。しかし接し方を誤ると最大の敵にもなりかねない。本書は、世界標準の療法を基本に家族関係や対処法を説明したもので、貴重な参考書である。
    親やパートナーという身近な人こそが、ストレスや心の病と闘ううえでいちばんの味方です。けれど、無神経な言葉を発したり、動揺してしまうなど、接し方を誤ると最大の敵にもなってしまいます。著者は心の問題に対する世界標準の療法である「認知行動療法」「対人関係療法」の考え方を織り交ぜながら、正しい接し方を分かりやすく解説しています。本書が、不安・うつからの脱出の一助となればと願っています。
    品切れ中
    1,650円(税込)
  • 美しいパターンで描かれた、新感覚の塗り絵
    シマウマ、ゾウ、コアラ、カンガルーなど野生動物の姿が美しいパターンで描かれた新感覚の塗り絵。
    アートセラピー、カラーセラピーの効果があるとして各国で人気を呼んでいる。
    品切れ中
    1,430円(税込)
  • りやすい絵柄とはっきりした線画で、はじめての人にも最適
    スイートピー、りんごの花、ビオラ、芍薬、チューリップ、サツキ、キングサリ……
    春に咲く親しみ深い花を集めた塗り絵集。
    塗りやすい絵柄とはっきりした線画で、はじめての人にも最適。
    品切れ中
    1,045円(税込)

  • 2年前には叶わなかった執筆を再度依頼したのは、昨年の3月下旬のことでした。喪失による深い悲しみを癒すグリーフケアの重要性は、震災のような予期せぬ災害のときにこそ大きくなると考えたからです。愛する家族を、仕事や家を、生きがいを突然奪われ、これからどうすればいいのか。時の経過では癒されない悲嘆を抱え、今も希望を見出せない人が大勢います。震災から1年以上がたった今だからこそ、これからのために手にとってほしい本です。
    品切れ中
    2,640円(税込)
  • 品切れ中
    902円(税込)

  • シリーズ第5弾。「トラウマ(心的外傷)」という言葉は今や日常語として、「わたしにはトラウマがあって」などと話す場面もめずらしくありません。けれども、トラウマとは何か、その結果何が起こるのか、どう対処するのが適切なのか、ということについてはまだまだ正確に理解されているとは言えません。本書ではこの障がいの正しい理解と、対人関係療法の視点から対処するアプローチをやさしく解説していきます。
    品切れ中
    1,650円(税込)

  • 前著刊行から15年。「女の時代」と言われ、男女雇用機会均等法や男女共同参画社会基本法の整備などで社会は大きく変わりましたが、女性の悩みは変化したのでしょうか? 著者は、性役割分業の意識は見えにくくなっただけで、そのことがかえって女性をとらえどころのない不安に駆り立てていると説きます。新版となった本書では、現代社会の新たな差別構造を暴き、自己表現トレーニングやケースワークを通じて、女性が自分自身をエンパワーメントできるように導いていきます。 (創元社 紫藤崇代)
    品切れ中
    1,760円(税込)

  • 精神医学系の本を作るたびに、営業部から出される問いがあった。それは、「じゃあ、どこからを心の病と呼ぶのでしょうか?」。確かにその線引きは、多くの読者が知りたいところだと思った。そこで今回、精神科の臨床に携わる著者に、その境目について書いてもらった。だが実際には、明確な線引きは困難だという。けれども症状や経過にはパターンがあり、ニュアンスを掴むことはできるそうだ。青春期に多い精神疾患の初期症状を、わかりやすく解説してもらった。 (筑摩書房 山野浩一)
    品切れ中
    858円(税込)

  • いまや心の状態は目に見えないものではなく、血流や声の様子を機械で測ることで、露わにされます。そのような技術や、「心のノート」の愛国心教育などによって「日本国民」の心は操作される危険があります。消費欲を高めるために、労務管理のために、治安のために。「改革」の名の下に剥き出しになった新自由主義の弱肉強食の世界で、人びとの内面が利用される現状、未来像とは? 気鋭のジャーナリストが徹底取材した気合の一冊です。    (筑摩書房 井口かおり)
    品切れ中
    1,870円(税込)
  • 大切な人を亡くしたあなたに贈る、読む“祈り”の本
    神社の大樹を仰ぐと気持ちが晴れ晴れする、もうダメだと思った瞬間、助けが現れる……見えない何かが人生を後押ししている、そう感じることは誰にでもあるでしょう。そんな「見えない力」は太古から私たちと共に在りました。「死者の力」もその一つ。比較宗教学者である著者が、世界中の歴史や文化を辿りながら、魂の真実を詳らかにし、死が生の終わりでないことを教えます。修羅場の人生を穏やかな幸福に変える法を探しませんか。 (筑摩書房 大山悦子)
    品切れ中
    1,760円(税込)
件数:56

最近チェックした商品履歴を残さない